実録 ドイツ硫酸殺人事件~女性刑事ネラ 執念の捜査

実録 ドイツ硫酸殺人事件~女性刑事ネラ 執念の捜査

字幕 HD

イントロダクションINTRODUCTION

2023年欧州のAmazon Prime Videoで初公開され話題となった衝撃作!
ハンブルクを恐怖に陥れた、悪名高い硫酸殺人事件を基に制作された。女性刑事ネラがあらゆる困難を乗り越え、執念の捜査で殺人事件の真相に迫る。

2023年欧州のAmazon Prime Videoで配信され大ヒットした、実際の殺人事件にインスピレーションを得て制作されたクライム・ドラマ。ドイツで最も悪名高い連続殺人犯の 1 人の物語を描いている。

1990年代にドイツだけでなく世界中を震撼させた衝撃的な事件に基づき、ハンブルクを舞台に狂気の殺人犯と女性刑事の攻防を迫力ある心理描写で描く。
謎めいた誘拐事件から、警察は毛皮職人のライク・ドアマンにたどり着く。ドアマンは、妻や息子と暮らす、中流階級の平凡な夫、父親であった。表向きは紳士的で愛想の良いドアマンだが、彼には裏の顔があった…自宅の地下に作った核シェルターで、女性を監禁、拷問し、残忍な方法で殺害していたのだ。
ある日、最近殺人課に異動となったハンブルクでは初の殺人課の女性刑事ネラが、彼の行動の手がかりを見つける。しかし当時、警察署内で女性刑事は見下されており、当初彼女の主張は真剣に受け入れられなかった。あらゆる逆境の中、彼女はドアマンの残酷な行為の真相に迫る。

映画「帰ってきたヒトラー」でのヒトラー役で話題となった名優オリヴァー・マスッチが演じる犯人のライク・ドアマンの紳士から怪物に変化する表情やしぐさはまさに“怪演”。病的なサディズムとナルシシズムを併せ持つ、狂気の犯人像を不気味に演じてる。

ドイツにおける女性の立場、扱いについても描かれている。男性同僚から相手にされない女性刑事、信じてもらえない誘拐事件の被害者…ドイツの犯罪史においてサディスティックな犯人と性差別的な社会は結びついており、この時代を象徴している。本作では巧妙な脚本によって、ネラの活躍が女性蔑視への批判的な立場を示唆しており、単なる犯罪ドラマ以上の価値を与えている。

制作:2023年 ドイツ/尺:約45分×全6話/字幕版・原語:ドイツ語 原題:GERMAN CRIME STORY
監督:フロリアン・シュワルツ 脚本:マックス・アイプほか
出演:オリヴァー・マスッチ(ライク・ドアマン)、シルヴェスター・グロート(ルードヴィッヒ・リュプケ)、アンジェリーナ・ヘンチュ(ネラ・ランゲンベック) ほか

原題:GERMAN CRIME STORY
制作国:ドイツ
スタッフ:監督:フロリアン・シュワルツ 脚本:マックス・アイプほか
キーワード: #その他ヨーロッパ
もっと見る 閉じる

© Neue Bioskop Television