ミスター・ベイツvsポストオフィス

ミスター・ベイツvsポストオフィス

字幕版:8/15(木)スタート
毎週木曜 夜8:00
字幕 HD

イントロダクションINTRODUCTION

1つのTVドラマが英国政府をも揺るがした!! 英国史上最大規模の冤罪スキャンダルを描いた衝撃作!無実の郵便局長とポストオフィスとの闘いを描く!

2024年の年明け早々、英国に激震が走ったー 2000年代英国で十数年もの間に700人以上もの無実の郵便局長らが、 ITシステムの欠陥を要因とする問題により窃盗や詐欺などの罪に問われ、家も財産も名声も失い、そして投獄される者や屈辱に耐えられず自殺者まで発生したー

この英国史上最大規模の冤罪スキャンダルを描いたドラマが2024年元日に英国ITVで放送されるや否や、1000万人以上の視聴者数を獲得し、数々のヒットドラマを放送してきたITVの歴史の中で、本作は直近 10 年以上で最大のパフォーマンスを記録した新作ドラマであり、また、同局の人気ドラマ「ダウントン・アビー」を超える大ヒットとなり、現地メディアでも大絶賛された。
驚くべきはそれにとどまらず、ドラマ放送をきっかけにこの事件が再注目され、世論や英国政府をも揺るがし、問題早期解決の行動に追い込むほどの影響を与えた。つまり、1つのTVドラマが社会を動かしたのだ。

無実の郵便局長たちのリーダー的存在であり、本作の中心人物でもあるアラン・ベイツを、「インディ・ジョーンズと運命のダイヤル」「名探偵ポワロ オリエント急行の殺人」「SHERLOCK シャーロック(シーズン4)」などで、個性的な存在感が光る名優トビー・ジョーンズが演じる。
監督は 「ブロードチャーチ〜殺意の町〜」「ダウントン・アビー」「ドクター・フー」などで知られ、英国アカデミー賞受賞歴もある英国のヒットメーカー、ジェームズ・ストロング、脚本はジャーナリストの経験があり、数々の大ヒット英国ドラマを手掛け、いくつもの賞レースをにぎわすグウィネス・ヒューズが担当する。

制作:2023年 イギリス/尺約60分×全4話/字幕版/原語:英語/原題:MR BATES vs THE POST OFFICE
監督:ジェームズ・ストロング 脚本:グウィネス・ヒューズ
出演:トビー・ジョーンズ(アラン・ベイツ)、ジュリー・ヘスモンドホール(スザンヌ・サーコム)、モニカ・ドラン(ジョー・ハミルトン)ほか
※表示名等には変更がある場合がございます。

原題:MR BATES vs THE POST OFFICE
制作国:イギリス
スタッフ:監督:ジェームズ・ストロング、脚本:グウィネス・ヒューズ
キーワード: #イギリス
もっと見る 閉じる

ミステリードラマコラムCOLUMN

ここだけの放送&出版裏話~海外ミステリードラマ・小説の日本上陸までの道のり【早川書房×ミステリーチャンネル対談】

【日本でも人気急上昇中!】アストリッド役サラ・モーテンセン出演作(映画・ドラマ)まとめ

【最新の話題作をチェック!】2024年4-6月ミステリー小説新刊情報

現在も進行中の英国史上最大の冤罪事件、大騒動のあらましを振り返る。ドラマ「ミスター・ベイツvsポストオフィス」がもたらしたものとは?

トビー・ジョーンズ出演のおすすめ映画・ドラマまとめ│英国で話題沸騰の『ミスター・ベイツvsポストオフィス』ほか多数!

【おすすめドラマ&小説紹介 Part2:“バディ”&“社会派”ミステリー】ミステリーのスペシャリストが選ぶ作品は?!

【2024年版】実話に基づく映画・ドラマおすすめ31選!実在の事件に隠れた真相や社会問題を知るきっかけにも!

短編ミステリー小説おすすめ16選:海外編【気軽に謎解きの醍醐味を堪能!】

【ミステリーファン必見!】英国ミステリー界の巨匠アン・クリーヴスおすすめのミステリー小説をチェック

元郵便局長アラン・ベイツ本人のインタビュー公開!英国史上最大規模の冤罪事件を描いた英国ドラマ「ミスター・ベイツvsポストオフィス」

© ITV Studios Limited 2023