リドリー~退任警部補の事件簿

リドリー~退任警部補の事件簿

字幕 HD

イントロダクションINTRODUCTION

2022年8月にITVで放送された、「ヴェラ~信念の女警部~」「バーナビー警部」の制作陣が手掛けた最新ミステリー。
レコードとウィスキーを愛する、“歌う”退任刑事リドリーが相談役として後輩をサポートしながら事件を解決していく。
事件が解決すると、ジャズ・バーで静かに歌うリドリーの魂の叫びのような歌声が心に染みる、悲しみを抱えた男の静かな情熱とロマンティシズムを感じる泣けるミステリー。

「ヴェラ~信念の女警部~」のポール・マシュー・トンプソンと「バーナビー警部」のジョナサン・フィッシャーが手掛けた、2022年8月にITVで放送されたばかりの最新ミステリー!
人気英国クライムドラマ「ライン・オブ・デューティ 汚職特捜班」のエイドリアン・ダンバーが、妻と娘に先立たれ心を痛め早期退職した元刑事リドリー役を演じる。

レコードとウィスキー、そして家族を愛するアレックス・リドリーは、優秀な刑事として活躍していたが、妻と娘を亡くしたことから、刑事を早期退職し、静かに暮らしていた。
ある日、かつての部下であり、最近昇進したキャロルから、森で発生した射殺事件を解決するため協力を求められる。なぜなら、被害者はリドリーが担当した14年前の女児誘拐事件の容疑者だったのだ。
リドリーはこの14年前の事件の捜査に欠落があったのではないかと疑っていた。そして捜査が進むと、衝撃的な事実が明らかになる…。
複雑に入り組んだ事件の謎解きの面白さはもちろんであるが、リドリーとキャロルの父と娘のような絆で結ばれたバディものとしての面白さが魅力だ。そして、2話で1事件が解決していくスタイルであるが、事件が解決すると、リドリーがジャズバーで歌声を披露するシーンが登場する。リドリーの温かみのある歌声、そして、歌の内容が事件の結末とシンクロし、心に染みるエンディングとなっている点が見逃せない。
必ず偶数エピソードのラストで視聴者は涙を流さずにはいられないはずである。

制作:2021年 イギリス/尺:約60~65分×全8話/字幕版・原語:英語 原題:Ridley
原作:ポール・マシュー・トンプソン、ジョナサン・フィッシャー 脚本:ポール・マシュー・トンプソン、ジュリア・ギルバート 監督:ブリン・ヒギンズほか
出演:エイドリアン・ダンバー(アレックス・リドリー)、ブロナー・ウォー(キャロル・ファーマン)ほか

原題:Ridley
制作国:イギリス
原作:ポール・マシュー・トンプソン、ジョナサン・フィッシャー
スタッフ:脚本:ポール・マシュー・トンプソン、ジュリア・ギルバート
監督:ブリン・ヒギンズ
キーワード: #イギリス
もっと見る 閉じる

ミステリードラマコラムCOLUMN

「アストリッドとラファエル」主演キャストが出演の最新作レビュー!フランスドラマ上映会に行ってきました!

ミステリーのスペシャリストに聞く、ミステリードラマの魅力とは?ドラマと小説合わせて堪能したいおすすめ作品も紹介【早川書房×東京創元社×扶桑社×ミステリーチャンネル】

暑さも吹き飛ぶ?!夏に読みたいホラーミステリー小説おすすめ23選

【2024年】最新!フランスのミステリードラマおすすめ6選

フランスと聞いて思い浮かべるものは?第2位「エッフェル塔」、第1位は?フランスに関するアンケート結果公開!謎多きミステリーファン実態調査【結果レポート】

憧れの国!フランス各地方の名所、おすすめスポット、グルメな食べ物をご紹介【「特集 ドラマで楽しむフランス」放送記念】

ここだけの放送&出版裏話~海外ミステリードラマ・小説の日本上陸までの道のり【早川書房×ミステリーチャンネル対談】

【日本でも人気急上昇中!】アストリッド役サラ・モーテンセン出演作(映画・ドラマ)まとめ

【最新の話題作をチェック!】2024年4-6月ミステリー小説新刊情報

現在も進行中の英国史上最大の冤罪事件、大騒動のあらましを振り返る。ドラマ「ミスター・ベイツvsポストオフィス」がもたらしたものとは?

© West Road Pictures & A3MI