シェパード警部 ブロークンウッドの事件簿

シェパード警部 ブロークンウッドの事件簿

字幕 HD

イントロダクションINTRODUCTION

2014年にニュージーランドでスタートし、その後、オーストラリア、アメリカ、フランス等、世界中で展開され、エドガー賞TVエピソード部門ほか、各国のアワードを賑わせている、“ニュージーランドのバーナビー警部”とも称される話題のミステリー!

2014年にスタートして以来、現在も継続中の人気シリーズであるニュージーランドが舞台のミステリーシリーズ。アメリカ、フランス、デンマーク、イタリア、オーストラリア、韓国など世界中で展開され、本国に留まらず、ニューヨークフェスティバル TV&フィルムアワード、ディテクティブ・フェスト(ロシア)、ソウルドラマアワード、そして、2022年は権威あるエドガー賞など世界中のアワードを賑わせている話題の作品である。

ブロークンウッドは一見のどかで平和な小さな町。しかしその裏には、埋もれた秘密、裏切り、敵意、そして殺人が隠されていた・・・。
マイク・シェパードはとある事件を解決するためにブロークンウッドにやってくるが、事件解決後もこの町に住むことを決意する。シェパードは古い車とカントリーミュージックを愛し、いまだカセットで音楽を聴くことにこだわり、そして、不特定多数??の元妻を持つ。さらには、「被害者の8割が加害者を知っている」という持論で、捜査のはじめに遺体に話しかけることをポリシーとする変わり種の刑事。そんなシェパードは地元警察の刑事クリスティンとバディを組み、のどかな町で発生する不可解な殺人事件を捜査していく。

制作:2014~2019年 ニュージーランド/尺約105~120分×全24話/字幕版/原語:英語
原題:The Brokenwood Mysteries Season1~6 脚本:ティム・バルメほか
出演:ニール・リー(マイク・シェパード)、ファーン・サザーランド(クリスティン・シムズ)ほか

原題:The Brokenwood Mysteries
制作国:ニュージーランド
スタッフ:脚本:ティム・バルメほか
もっと見る 閉じる

ミステリードラマコラムCOLUMN

「アストリッドとラファエル」主演キャストが出演の最新作レビュー!フランスドラマ上映会に行ってきました!

ミステリーのスペシャリストに聞く、ミステリードラマの魅力とは?ドラマと小説合わせて堪能したいおすすめ作品も紹介【早川書房×東京創元社×扶桑社×ミステリーチャンネル】

暑さも吹き飛ぶ?!夏に読みたいホラーミステリー小説おすすめ23選

【2024年】最新!フランスのミステリードラマおすすめ6選

フランスと聞いて思い浮かべるものは?第2位「エッフェル塔」、第1位は?フランスに関するアンケート結果公開!謎多きミステリーファン実態調査【結果レポート】

憧れの国!フランス各地方の名所、おすすめスポット、グルメな食べ物をご紹介【「特集 ドラマで楽しむフランス」放送記念】

ここだけの放送&出版裏話~海外ミステリードラマ・小説の日本上陸までの道のり【早川書房×ミステリーチャンネル対談】

【日本でも人気急上昇中!】アストリッド役サラ・モーテンセン出演作(映画・ドラマ)まとめ

【最新の話題作をチェック!】2024年4-6月ミステリー小説新刊情報

現在も進行中の英国史上最大の冤罪事件、大騒動のあらましを振り返る。ドラマ「ミスター・ベイツvsポストオフィス」がもたらしたものとは?

© South Pacific Pictures and all3media international